ダイエット食品ナビ

岩盤浴とはカテゴリの記事一覧

岩盤浴とは?

岩盤浴(がんばんよく)とは、40〜50℃に温められた石の上で寝転んで汗を流すというサウナ風呂の一種です。
岩盤浴の岩盤の素材は天然石や溶岩石が使われています。
岩盤浴はよく「お湯のいらないお風呂」とも呼ばれていて、
ここ2〜3年くらいで一般の入浴施設でも岩盤浴が導入されたり、
岩盤浴専門店などが一気に増えました。

入浴施設にある岩盤浴や岩盤浴専門店にあるものは岩盤浴用に天然石や岩石を切り出して加工し、ベッド状にしてそれにタオルなどをかぶせて、その岩盤上に寝転ぶようになっています。
ただ天然の岩盤浴施設もあるようです。有名なのは秋田県の玉川温泉で、本当に河原の天然石の上にござなどを自分で敷いてその天然の岩盤上で寝転んでるらしいです。

岩盤浴はサウナ風呂の一種ですが、普通のサウナと違って温度が低いので(サウナは80〜100℃)、岩盤浴に長時間入浴することが出来ます。岩盤浴に長時間入浴すると体の芯から温めることが出来るので、岩盤浴によって冷え性を改善したい女性の方とかに岩盤浴は人気があります。

続きを読む

岩盤浴の入浴方法

岩盤浴の入浴方法は下に書いてある1〜5になります。
岩盤浴の入浴手順はそんなに難しいことではありません。

1.入浴前の準備
岩盤浴に入浴する前に、まず時計やネックレスなどのアクセサリーは外しましょう。それで作衣に着替えます。
この時下着も全て脱いでその上から作衣を着ます。
そうしないと岩盤浴は思ったより汗をかくので下着がべたべたになってしまいます。

2.岩盤浴用のベッドの上にバスタオルを敷いてください。
低温といえど岩盤浴施設の岩盤浴ベッドは通常40℃〜50℃の熱ですので、タオルを敷かずに直接岩盤の上に寝転ぶと低温やけどをする可能性があります。

3.バスタオルを敷いた岩盤浴用ベッドに横になり、岩盤入浴してください。岩盤浴の入浴時間の目安はだいたい15分〜20分くらいです。

4.3の岩盤浴の入浴時間が1セットとなります。
1セット終わると5分ほど休憩してください。この時に水分補給をしてください。意外と自分が思う以上に岩盤浴で汗をかいているので水分も少し多めに補給するのがいいでしょう。

5.3の岩盤入浴と4の休憩を2〜3回繰り返してください。
この繰り返す回数はその日の体調や個人間で違うと思います。少し物足らない方は岩盤入浴と休憩の1セットの回数を1〜2回増やしたり、逆に減らしたりしてください。

これが岩盤浴の入浴方法です。
この中でも気をつけなければいけないのは自分の体調をしっかり把握するということと、たっぷりと水分補給をするということです。

岩盤浴に来て体調が悪くなったり、無理なダイエット効果を求めて岩盤浴に長時間入りすぎたりと岩盤浴で自分の体に過度の負担をかけてしまっては本末転倒です。

あくまでも自分のペースで岩盤浴を楽しみましょう。